銀座ミツバチプロジェクト通信@blog
NPO法人 銀座ミツバチプロジェクトの活動内容を報告するブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画に参加しました
 一昨日の夜から永井さんと新潟に入りまして、昨日早朝から小雨降る中、信濃川河川敷で、映画「降りてゆく行き方」の撮影に協力してきました。

ミツバチとして参加したのは、他にサポーターになっていただいた新潟大学の田中先生入れて3名で、以下の場面の撮影に参加しました。

小学校の教師をしていた森太熊先生が、命の大切さを訴えてあおぞら市の市長選挙に立候補しましたが、演説をする直前まで数人しか集まっていません。

マスコミも帰り支度をしている、その時に、突然教え子の小学生達と、五十六さん(武田鉄矢氏)が、幟旗を持った大勢の応援団を引き連れて集まって来ます。
(この中に銀座ミツバチプロジェクトの幟端も登場します)

「この方々はどうしたんですか?」と森太熊候補、「志を同じくする全国の仲間に声を掛けて来て貰ったんだ」と五十六さん。
「この子供達の心に灯った火が炎となって日本中を包み込んだんだ」


GHP080525_06.jpg
GHP080525_07.jpg
なかなか言える台詞じゃないが、武田さんならば言えるかっこよさ!

要するに、私達は大勢のエキストラの一部ですが、クライマックスのシーンを、何とか無事撮影することが出来て、大変良かったです・・・

来年春公開予定ですが、どのような映画が出来るのか楽しみです。

田中淳夫
スポンサーサイト
最高記録!
5月24日の採蜜は、いつもどおり9時から開始しました。
午後から雨が降るとの予報でしたが、それを感じさせない汗ばむほどの陽気の中で採蜜作業を行いました。
当日は、東京中央ローターアクトクラブの皆さんを含む10名程度の活動サポーターによって作業にあたり、巣箱周辺は大賑わいでした。

080524GHP - 25

080524GHP - 18


最初は、遠巻きに巣箱を眺めていた子供たちも、「いじめなければ刺さないんだ!」と実感してから、目を輝かせてミツバチを観察していました。
080524GHP - 20


みんなで行った採蜜作業の結果、銀座ミツバチプロジェクト史上最高である44キロのハチミツが採れました!
今週のハチミツは、皇居周辺の街路樹にも多く見られるユリノキと、ミカンが交ざった少し爽やかな味わいとなっていました。

銀座周辺の花々は今後どのようなハチミツをもたらしてくれるのか楽しみですね。

080524GHP - 41


銀座グリーンプロジェクトに参加しました
本日、「銀座グリーンプロジェクト」の夏野菜の種・苗植え式に数人のメンバーで参加しました。
「銀座グリーンプロジェクト」とは、昨年の夏より実験的に進めてきた松屋銀座の屋上緑化プロジェクトで、今年から松屋銀座さんの社員ボランティアによって本格的に始動しました。
プロジェクトの目的は、以下のようになっており、銀座ミツバチプロジェクトとも連携した取り組みなのです。

■「地球温暖化防止、ヒートアイランド現象の低減」
■ボランティア活動をベースとすることで、環境意識と社内意識の向上
■蜜源としての野菜、花を植えることで、「銀座ミツバチプロジェクト」への参加、貢献


松屋の社員ボランティアさんの活き活きとした笑顔が印象的でした。
二つのプロジェクトから銀座中に環境活動を広げていきたいですね!

GHP080523.jpg

GHP080523_2.jpg

ファームエイドでの映画制作発表が日経BPに掲載されました
 5月3日のファームエイドで映画製作発表をした記事が日経BPから出たとプロデューサーの森田さんから連絡が来ましたのでお知らせします。

*質素な会場で発表会が行われたと出ているところが少々引っかかりますが・・

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20080519/1011630/

田中淳夫

今週の活動報告
■「たけしの誰でもピカソ」の収録
 13日雨の中、「たけしの誰でもピカソ」の収録を実施しました。
 ゲストは佐伯チズさんと、假屋崎省吾さんです。
 寒くて生憎の雨模様なので、刺されてはいけないと緊張しましたが、ミツバチがいる巣枠に指を入れて舐めていただきましたら、その味にとても喜んでいただきました。
番組は8月頃の放送予定です。

GHP080513.jpg


■日経「銀座ハニーソープ」の紹介記事
 本日の日経朝刊で、東急ハンズの「銀座ハニーソープ」を紹介していました。
*「銀座産ハチミツを3%混ぜているのが特徴で、価格は通常の2倍の1500円だが、既に仕入れた量の半分が売れた」と書いてありました。

■5/15の採蜜
5/15に高安さん、内田さん、山本さんと、先週採りきれていなかった箱の採ミツを実施させて頂きました。収量はユリノキ・マロニエが7キロほどでした。

また、日本ミツバチも、藤原式巣箱にして始めて採ミツを実施しました。
今まで西洋式の巣箱に入れて代用しておりましたが、今回の巣箱は、日本ミツバチの特徴をしっかり取り入れて製作されました。

非常に軽くて簡易なので、将来は女性や年配の方々が、簡単に養蜂を始められる画期的な巣箱になると思います。
遅れましたが、この巣箱は藤原先生から会に寄贈していただきました。
日本ミツバチの救出作戦
月22日の夕方、会社で打ち合わせ中に、中央区の公園緑地課から私の携帯に直接連絡が有りました。
「田中さん、八丁堀の交差点近くの街路樹に日本ミツバチが分蜂しているので、助けていただけないか?」と・・
早速、藤原先生と連絡して、一緒に巣箱を持って救助に出かけてきました。
新大橋通と鍛冶橋通の交差点近くで人通りが多い場所でしたが、さっと巣箱に入れて回収してきました。

■分蜂して街路樹に集まっている日本ミツバチ
08042201.jpg


■作業開始前の状況
080422003.jpg


■作業が完了し、残りの蜂が仲間を求めて、巣箱に入るきるのを待っている状況
080422007.jpg


この蜂は、女王蜂がいなかったため、1週間後、銀座の屋上にいる日本ミツバチと合同しておきました。

この翌日23日にも、千葉でゴルフ中に公園緑地課から田中携帯に連絡が来ました。
今度は、佃公園に日本ミツバチが分蜂したとの事、この時は藤原先生ご自身に救出していただきました。

中央区では、鳥や蝶が住める環境に配慮して、この数年前から農薬を使わないようにしてきています。
多分、そのために日本ミツバチの分蜂が、昨年辺りから増えてきているのでしょうか。良い事では有りますが、レスキュー隊の出動が増えそうで、少し懸念しています・・

田中淳夫
日本ミツバチの採蜜を行いました
本日、日本みつばちの採蜜を行いました。
銀座でとれた日本みつばちのはちみつの写真です。
150グラム3本とれました!

ginpachiJAPAN1.jpg

ginpachiJAPAN2.jpg

巣をあけるとマロニエの赤い花粉だんごをつけた日本みつばちが8の字ダンスしていました。
残念ながらシャッターチャンスを逃しましたが、真っ白な蜜蓋がしっかりしてあり、蜜蓋をとると金色のはちみつ!
和三盆を思わせるユリノキとマロニエの上品なはちみつに仕上がっています。
いいお仕事しています。
銀ぱちラベルをはると更に高級感~。
ginpachiJAPAN3.jpg

山本なお子
森ヶ崎水再生センターにミツバチを搬入しました
5月8日、先週の木曜日の夕方から、森ヶ崎水再生センターにて今年もコアジサシの産卵場にミツバチを置くか置かないかを話し合いました。
参加した方々は、当下水道局の担当次長、中村主任、そして先方からはNPOリトルターンプロジェクト増田代表含め4人、当方は田中、後藤さんの計8人でした。

話し合いの結果、今年もコアジサシの産卵場内にある昨年設置した養蜂場にミツバチを置くこととする。
しかし場内に入るのは週に1回日曜日の午前中、リトルターンのメンバーが入るときに限る。
但し雨の場合は代わりとして火曜日をあてることとする。

昨年の結果としては、コアジサシが順調に子育てを終えて南の国に帰ったが、ミツバチがカラスを追い払ったという証拠はない。
今回は、ミツバチの飛ぶ行動範囲の中と、及ばない場所の卵から雛となり更に大人に成長した率を調べて、今後の参考とする。
この結果が良くなければ、この試みは今年で辞めることとする。

今回の森ヶ崎には、藤原養蜂場で藤原先生に指導を受けた後藤純子さんが、ご自身のミツバチを1群設置して始めました。ゆくゆくは2群を目標とする予定です。

■4万匹のミツハチがいる巣箱搬入
mgs080512_1.jpg


■カラスが コアジサシ営巣地に襲来
mgs080512_2.jpg


■ミツバチ出入口の開放
mgs080512_3.jpg

mgs080512_4.jpg

mgs080512_5.jpg
mgs080512_6.jpg




プロフィール

銀座ミツバチプロジェクト

Author:銀座ミツバチプロジェクト
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。