銀座ミツバチプロジェクト通信@blog
NPO法人 銀座ミツバチプロジェクトの活動内容を報告するブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPOサポートセンター研修のご案内
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

         Panasonic NPOサポート「課題解決プロジェクト」
         ――マーケティングで企画・実行力アップ――

           “課題解決をしたいNPOを募集します!”
    http://blog.canpan.info/nposc/archive/213#BlogEntryExtend

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  主催:(特活)NPOサポートセンター  共催:パナソニック株式会社

NPOサポートセンターが主催(共催:パナソニック株式会社)する、Panasonic
NPOサポート「課題解決プロジェクト」では、下記のとおり、2010年度の参加NPO
を募集します。

本プロジェクトは、2008年よりパナソニック株式会社との協働で実施しています。
NPOに必要なマーケティング力を身につけ、そのノウハウを個人に留めるのでは
なく、組織全体で共有し、NPOが抱える様々な課題を解決するための支援を狙い
としています。


【1】プロジェクトの概要
 本プロジェクトでは、民間企業で実践されている「マーケティング」を活用して、
 NPOが提供しているサービスの拡充、売上アップ、資金調達、広報強化、支援
 者・会員の拡大、スタッフ・ボランティアの獲得など、様々な課題の解決に向けた
 施策を立案・実行するために必要な支援をします。

 参加NPOごとに課題を設定します。プロジェクト前半では、講義・グループワーク
 を交えながらマーケティングの基本的な理論を習得します。後半では、設定した
 課題に対する解決シナリオを策定すると同時に、実際に団体内で実行に移して
 いきます。

  
【2】プロジェクトのスケジュール
  (1)NPOマーケティング研修(講義・グループワーク)
     応募時に設定した課題について、マーケティングの基本的な理論を習得する。 
     ・5月22日(土) オリエンテーション・第1回目研修
     ・6月 5日(土) 第2回目研修
     ・6月18日(金)~19日(土) 第3回目研修(合宿)

  (2)課題解決シナリオ策定に向けたグループ/個別コンサルティング
     後半では、設定した課題に対する解決シナリオを策定します。
     ・7月3日(土)シナリオの相互評価(グループ・コンサルティング)
     ・7月24日(土)シナリオのブラッシュアップ策定(個別コンサルティング)

  (3)課題解決シナリオの実践(発表・個別コンサルティング)
     実際に団体内で実行に移していきます。
     ・8月7日(土)シナリオの発表
     ・8月~10月 施策の実施及び進捗報告、支援
     ・11月13日(土)課題解決施策の進捗報告会


【3】募集要項
 ■参加対象団体
   下記の条件に当てはまるNPO(NPO法人、任意団体、財団法人、社団法人など)
   が対象となります。活動分野は問いません。尚、本プロジェクトを通じて策定した
   参加NPOによる研修を通じたプロセスは、ホームページなどで公表させていただ
   きますので、予めご了承ください。

    ・マーケティングを通じて解決したい課題があること。
    ・解決したい課題のプロジェクトリーダー、事務局長がプロジェクトに参加、又は
     協力体制が取れること。
    ・上記スケジュールの「(1)NPOマーケティング研修」に複数(2人以上)で参加で
     きること(必須)。

 ■参加団体数: 6団体

 ■プロジェクト参加費: 無料(ただし合宿参加費実費[1人8,000円]は必要となります。プ
                ロジェクト参加に関する交通費は実費負担)

 ■選考について
   下記の2つにより選考します。
    1.書類審査(課題解決プロジェクト応募用紙)
    2.個別ヒアリング

 ■応募方法
   Eメールにて、下記の案内に沿ってご応募ください。24時間以内に事務局から到着
   確認のご連絡をいたします。
    1.「課題解決プロジェクト応募用紙」を下記からダウンロードして、必要事項を記入
       応募用紙:http://blog.canpan.info/nposc/archive/213#BlogEntryExtend
       応募手引:http://blog.canpan.info/nposc/img/213/pnskadaikaiketsupj_tebiki.pdf
       

    2.1の応募用紙をメールに添付し、下記のフォームを参考にして info@npo-sc.org
      まで、お送りください。

     メールの題名: Panasonic NPOサポート「課題解決プロジェクト」参加希望
     メールの本文:
        (1)団体名:
        (2)担当者名(役職):
        (3)連絡先
             住所:〒
         Tel:
        Fax:
            E-mail:

 ■応募締め切り:4月28日(水)12:00
  ※応募方法やプロジェクトの詳細など、ご不明な点については、下記までご連絡ください。

 ≪申込み・問合せ先≫
  Panasonic NPOサポート「課題解決プロジェクト」
  事務局:(特活)NPOサポートセンター(担当:笠原孝弘)
       〒104-0061東京都中央区銀座8-12-11 第2サンビル
       TEL:03-3547-3206
       E-mail:info@npo-sc.org

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○2009年度のプロジェクト紹介ページ
 http://www.npo-sc.org/p-nposip/
 「NPOマーケティング研修」報告会発表資料(2009/11/28)
 http://www.npo-sc.org/content/modules/nposipblog/tb.php/24

○2008年度のプロジェクト紹介ページ
 http://www.npo-sc.org/p-npoicp/
 「NPO経営資源開発研修」成果発表会資料(2008/12/13)
 http://www.npo-sc.org/content/modules/nposipblog/tb.php/25

○パナソニックの企業市民活動レポートページ
 http://panasonic.co.jp/cca/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

過去のプロジェクト参加NPOの声
 ・講義とワークが一体となっていて、受身では終わらせない参加型のプロジェクトだった。
  毎回の課題は、他の業務との両立で大変では有るが、日頃、置き去りにしがちな基礎
  データ整理の重要性を再確認できた。
 ・マーケティング研修を受けて、日々の業務にマーケティングの視点を入れるよう心がけ
  るようになった。
 ・効果測定をどのようにとっていくのか、の考え方を研修中にまとめられていたので、実際
  にプロジェクトをスタートしてからの着目点が明確になり、課題や問題点も見えやすくなっ
  ています。色々な要素と角度から効果を測る意識を持つ意味でも大変有意義なものだっ
  た。
 ・短い期間での研修となりましたが、参加NPO同士の活動のことを知ったり、話をする時間
  が有るので、より実り豊かな関係性を作ることが出来ました。研修の内容については私
  の様なマーケティング初心者でも、分かりやすい教材・授業・解説でした。
 ・先進的なNPOが集まっているため、過去のケースも含めて団体の取り組みをシェアするこ
  とは有意義だと思った。
 ・ついつい日常の業務に埋没しがちですが、外から客観的に見てもらうことにより、視野を
  広げることに繋がりました。
 ・課題に取り組む中で自団体の取り組みについて、自分自身で深めることが出来たので、
  より深く考える機会となった。
 ・NPOに特化したマーケティング戦略や寄付の申請方法など実践的な多くの知識を得られ
  た。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ginzahoneybee.blog114.fc2.com/tb.php/207-1d2baa61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

銀座ミツバチプロジェクト

Author:銀座ミツバチプロジェクト
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。